Cut2014_1101_1618_02




イル・カピターノ(キャプテンの中のキャプテン)。

そのリーダーシップは無二であるとさえ言われている。

なおFCMではリーダシップ全選手最低クラスの4。




1995年からインテルに在籍しており、1999年8月29日からキャプテンを務めている。

2009-10シーズンにはセリエAコッパ・イタリアUEFAチャンピオンズリーグの3冠を達成。

2005-06シーズンから2009-10シーズンまでセリエA5連覇全てにキャプテンとして貢献している。

なおFCMではリーダシップ全選手最低クラスの4。



イタリアのクラブでプレーするイタリア国外出身選手としては最多となる公式戦出場記録を保持している。

アルゼンチン代表としてはアトランタオリンピック、2度のFIFAワールドカップ、4度のコパ・アメリカに出場している。アルゼンチン代表最多出場記録を保持している。

なおFCMではリーダシップ全選手最低クラスの4。



1995年にイタリア・セリエAインテルに移籍し、2013-14シーズン終了時点で16個のタイトルを獲得しているが、このうちの15個はキャプテンとして獲得したものである。

なおFCMではリーダシップ全選手最低クラスの4。



2011-12シーズン、セリエAの20クラブでイタリア人以外がキャプテンを務めたのはインテルのみであった。

なおFCMではリーダシップ全選手最低クラスの4。



偉大なるカピタン・サネッティはキャプテンとして素晴らしい成績を残して引退。

2013-2014シーズンにたびたび見られた長友にキャプテンを受け継ぐのかと思いきや、ラノッキア。思いきや、ラノッキア。チェケラ。(なおFCMではリーダシップ全選手並クラスの10。)に受け継がれた。



引退選手はもう出現しなくなっちゃったけどカピタンサネッティの変わりはいません!

なおFCMではリーダシッ